和装による結婚式が人気です

昔ながらの伝統スタイルである、神社や仏閣での結婚式が新鮮であるとして、十二単や綿帽子などの和装に身を包んみ厳かに結婚式を挙げるカップルも多いです。

伝統文化が息づく神社や仏閣が支持される理由には、花嫁行列や親族盃の儀など和装による結婚式は大切な人たちと一緒に儀式を行うことで、家族の絆を強く感じることができるところにあるのではないでしょうか。

せっかく日本人に生まれたのですから、日本の婚礼文化を継承したいと考えるカップルも増えていることは、日本固有のライフスタイルの良さを見直す機会にもなると注目を集めています。
神前式による和装の結婚式は、雅楽の音をバックに神の前で三々九度の杯を交わします。

白無垢の奥ゆかしい花嫁姿は、今でも根強い人気を誇っています。

最近はホテルや式場に神殿が併設されているところも多く、また本格的な神社であっても、信仰に関わらず受け入れが可能ですので、誰でも日本古来の儀式を厳粛な雰囲気で行うことができます。

先祖の前で結婚の報告をし、感謝するという仏教スタイルは、念珠を受けて焼香をした後に誓杯を交わします。

先祖代々のお墓のある菩提寺か自宅に僧侶を招いて行いますので、信仰を持つ人には落ち着いた結婚式ができます。
宗派の違いもありますので、二人でよく話し合うことが大切ですが、最近は宗派が違っても引き受けてくれる柔軟な寺院も増えています。
仏前式は二人が出会ったことや、結婚までに至ったことを縁と考えることが基本です。運命の人とは赤い糸で結ばれていると言う話を聞いたことがある人もいるでしょうが、仏前式にも当てはまります。

近年では洋風の結婚式がメインとして行われている傾向にあり、新郎新婦などに関しても、着用する服装も洋服に限定されている場合も多く見受けられます。教会などで結婚式を挙げたり、チャペルなどもメインとして活用されているものを多く目にすることができます。

そんな中、和風の結婚式を挙げることを希望されている方や、洋風であっても衣装替えとして和服に身を包む場面も用意されている場合があります。
また、参加する方々に関しても、一般的なスーツやドレスの他に、和装を着用されている方も存在していて、現在では珍しいものとして取り扱われているものですが、購入する方法やレンタルとして借りることも十分に可能になります。

和装の場合では、新郎新婦の場合では相応しいものを事前にセレクトすることになり、当日に着用することになりますが、参加者の場合では、和装品を筆頭として取り扱いをしている専門店でのご利用が一般的になります。参加者側が着用する和装品に関しては、新郎新婦よりも華美にならないものを選択することが一般的な常識として捉えることができますが、逆にあまりに地味なスタイルにならないように配慮することも大切になります。
特別なアクセサリーなどは不要とされている一面がありますが、年齢によって違いというものもあり、例えばヘアースタイルやメイクによって、いつもとは異なるイメージを作り上げることによって、華やかなスタイルに施すことも十分に可能とされており、現在でも注目されている部分になります。

さらに身近になった尼崎の葬儀選びをお手伝いします。

神戸の遺品整理に関する情報を紹介するサイトです。

桑名の家族葬に関してわかりやすく説明しております。

こだわりの今里の葬儀の最新情報を公開しています。

大阪の葬儀を調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

http://tsutaya.tsite.jp/search/?dm=0&ds=0&st=0&p=3&ic=3&gl=EXT000073X29&gm=EXT0000741O3

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/article/rinshou.jsp

http://tsutaya.tsite.jp/item/music/PTA0000NDR2B

関連リンク

和装の結婚式の魅力について

近年、結婚式のスタイルも様々になっています。昔ながらの大人数の式や、レストランウエディング、写真のみのウエディング、ゲストハウスウエディングなど、カップルの個性や予算に合わせて、様々な方法があります。...

more

結婚式での和装について

人生の節目となる大きなイベントの一つでもある結婚式。そんな一大イベントだからこそ自身の中にも理想の結婚式像をお持ちの方もおられることでしょう。...

more